大切な道具⑥

こちらは、アイスピック。

バーでは なくてはならないツールの一つです。

氷を割る、削る、整える。


初めて手にした時の事を よく覚えています。

冷たい氷を素早く割り、整えていく作業。

初めて丸氷を作った時は、、、

お客様へお出しできる代物ではなく、

技術を体得するに一朝一夕では得られないと

当たり前の事を改めて感じました。


ボトルの扱い方からナイフの使い方、マドラーやシェイカーと様々なものを

自分の身体に叩き込み 身体の一部にすることがバーテンダーの基礎となります。

どのような状況(物理的・精神状態)においても ある一定以上のレベルの品をご提供できるー

それが技術。

そして、終わりがない旅。現状に満足せず、更によい方法がないかと考え試す。

これは、技術だけではなく、表現方法、接客、言葉遣いなども含めて。

言い訳はしない。

できない理由を探すのではなく、どうしたら出来るようになるのかを探す。

日々の営業後、掃除をしながら一日を振り返る。

これも大切な時間です。


私にとってアイスピックとは、そんな

初心を思い出す 大切なバーツールの一つです。

Bartender 清水智恵子's Ownd

清風明月に誘われて...